KOBELCOのSolution

極限の機能性を、先進の技術で叶える。
KOBELCOの表面処理ソリューション。

神戸製鋼所が手がける「表面処理技術(PVD)」は、原子・分子単位で皮膜を堆積し、非常に緻密な膜形成を可能とします。
この膜形成技術は、世の中にある他の表面処理技術(溶射、ウェットメッキなど)では実現できないユニークな手法といえます。

溶射技術の適用分野は、大型部材向け表面処理、高速成膜、厚膜形成などがメインとなります。これに対して「PVDによる成膜技術」は、工具や自動車部品などの保護膜をはじめ、光学・電子機能膜など緻密さが要求されるアプリケーションにも対応が可能です。

さらに、PVD技術はウェットメッキのような薬液を使用しないため、環境にやさしいという利点もあります。

表面処理技術(PVD)

原子レベルでの細かい制御を行います

PVDコーティングの適用範囲

神戸製鋼所では、PVDコーティング装置の販売を通じて、以下のような課題に対してハイエンドなソリューションを提供いたします。

「硬度」に関するソリューション
「硬度」に関するソリューション

PVDによるコーティングは非常に硬く、ダイヤモンドと同等の硬度を持った皮膜を形成することが可能です。高硬度のPVDコーティングは、「インコネル(飛行機の機体などで使用されている非常に硬い材料)」の加工用皮膜などに活用されています。

「耐熱性」に関するソリューション
「耐熱性」に関するソリューション

ドライ環境での切削加工では、工具やきりこが非常に高温となり、1200℃相当まで上昇します。PVDコーティングは、そのような過酷な高温環境下でも優れた耐熱性を発揮します。

「熱伝導率の低減」に関するソリューション
「熱伝導率の低減」に関するソリューション

PVDコーティングによって、熱伝導率を1W/mK以下に抑えることが可能です。これまでに歯車加工用のホブなどへの適用実績があります。

「摺動性」に関するソリューション
「摺動性」に関するソリューション

神戸製鋼所のUBMS装置は、摩擦係数0.2以下の皮膜を形成することが可能です。レーシングカー向けのロッカーアームなど、非常に過酷な環境下で使用される部品でも、摺動性を付加することで、耐久性を持たせられます。

「耐エロージョン性」に関するソリューション
「耐エロージョン性」に関するソリューション

火力発電用タービンなど、固体粒子による浸食が発生する状況において、PVDコーティングが活用されています。耐エロ―ジョン性の試験では、コーティングなしでは「5μm/min」、PVDコーティングを施した場合は「0.5μm/min以下」というデータが得られました。

「厚膜化」に関するソリューション
「厚膜化」に関するソリューション

従来のPVDには、皮膜が硬いために圧縮応力が高くなり、厚膜化できないというデメリットがありました。この課題に対して神戸製鋼所は、圧縮応力を抑えられるSFC蒸発源を開発し、TiAlNなど硬度の高い皮膜でも30μm以上の厚膜化を実現しました。また、 「TiAlN皮膜」などよりも柔らかく、圧縮応力も小さい「CrN皮膜」を用いることで、30~50μmの厚膜化が可能です。

「抗菌性」に関するソリューション
「抗菌性」に関するソリューション

ケニファインの新たな利用技術として、透明性と抗菌性を兼備した透明性ケニファインの成膜技術を開発。
ロールツーロールスパッタリング成膜技術により、プラスチックフィルム、紙シート、フレキシブルガラス、布繊維、金属箔などのフィルム状の対象物の表面にケニファインの極薄膜を形成し、透明性と抗菌性を具備させることが可能となり、より幅広い用途への利用が想定されます。

「ガスバリア性」に関するソリューション
「ガスバリア性」に関するソリューション

太陽電池やフラットパネルディスプレイなどのガスバリア膜(酸素や水蒸気の透過を防ぐための膜)として、CVDコーティングが活用されています。
適用範囲は、H2O透過率で10-1~10-5g/(㎡・day)

装置導入のまでの流れ

お問い合わせからアフターサービスまで、各分野の専門スタッフ(営業、プロセスエンジニア、機械設計、制御設計、サービスエンジニア)が連携し、お客様の課題解決に向けて最大限のサポートをいたします。
分析・解析に関しては、グループ会社のコベルコ科研と連携。最新鋭の設備と技術によって、ベストなソリューションを提供いたします。

1
お問い合わせ

ホームページから、お気軽にお問い合わせください。

2
ヒアリング

プロセスエンジニアが、お客様の課題やお困りごとをヒアリングし、弊社の装置での実現性(課題解決の可否)について回答いたします。

3
サンプルテスト

お客様の基材にコーティングを施し、コーティングの効果・活用性を確認していただきます。

4
装置設計

機械・電気制御エンジニアが、それぞれのお客様の要求に合わせて最適な装置仕様を検討・提案いたします。

5
装置据付

お客様の加工・製造拠点において、弊社の製造部隊が装置据付から使用方法の説明まで対応いたします。

6
アフターサポート

装置や機器が故障した場合は、サービスエンジニアが迅速に対応いたします。

page top