高機能商品部について

概要

1986年に真空成膜の事業を開始してから30年以上、神戸製鋼所高機能商品部では600台以上の装置を販売し、日本のみならず世界各国のお客様にご愛顧いただいております。表面処理が求められるアプリケーションは年々拡大を続け、切削工具、自動車部品、航空部品、医療部品、そしてエネルギー向け部品等、普段生活している上ではあまり気に留められないところではありますが、着実に増え続けております。

ミッション

当社が手がける成膜手法の中でも「PVD(物理気相成長)」は、高硬度および高密着を実現可能な方法の一つであり、さらなる大量消費、大量生産の時代が迫る中、高耐久化、低摩耗化、そして高機能化を実現し、世の中に貢献できる高付加価値を持った成膜技術とえいます。

神戸製鋼所高機能商品部は、この技術を扱うことができる喜びを胸に、PVD成膜装置の世界ナンバーワンメーカーとして、表面処理ニーズの認知向上と拡大を進めるとともに、より多くのお客様へ高度な表面処理ソリューションを提供し、世の中に貢献していくことをミッションとしています。

ミッション

兵庫県にある高砂製作所、米国「KOBAC社」、ドイツ「KCS社」では、お客様のご依頼・ご要望に添えるよう、サンプル試験を実施できる体制を整えています。サンプル試験のご依頼や商品説明、表面技術の案内等、皆様からのお問合せを心よりお待ちしております。

神戸製鋼所高機能商品部の歴史

1986年 機械事業部門 開発本部 機械開発部 真空成膜室として発足
1987年 初の真空成膜装置を外販
Episode-1:真空成膜事業の開始
ナショナルプロジェクトにおいて油井管用のコーティング装置を入札したことを契機に真空成膜事業が発足。当時は、米国のメーカーの蒸発源用いて装置を製作していました。
90年代初頭には、合金成膜が出来る装置を開発し、これが当社工具事業部が開発し工具市場を席巻したミラクルコーティング(AlTiN)に繋がりました。
1988年 世界初の量産インライン型装置を販売開始
1992年 AIP-6036型装置納入(神戸製鋼発のオリジナルシリーズ商品)
1993年 ロッド型蒸発源を開発、ピストンリング向け専用装置を開発、初号機納入
1994年 高機能商品部発足
1995年 ロールコーター(AIP)初号機納入
1996年 自動車量産部品向け装置納入
1997年 外販装置台数100台を突破
1998年 工具向けインライン装置納入
UBMS装置初号機納入
Episode-2:DLCプロセスの確立
1995年頃より、自動車用部品などの摺動性向上の観点から「DLC」へのニーズが増加。これに対応すべく、神戸製鋼所はオリジナルのスパッタ蒸発源「UBMS」を開発しました。
「DLC」はレシピや成膜方法によって皮膜性能が容易に変わる特性があり、装置開発の過程では何度と大きな壁に直面しましたが、自動車部品メーカーと共同で検証を重ね、積年の課題を解決。ここで得られた経験や知見は、当社独自のノウハウとして現在も幅広いお客様に提供されています。
2000年 AIP-Sシリーズ(S40、S70)初号機納入
Episode-3:AIP-Sシリーズ&新蒸源(ファインカソード)のリリース
1990年後半より、切削工具業界を中心に面粗度の向上に対するニーズが上昇。これに応えるべく、新たな蒸発源「ファインカソード」を開発しました。この装置の基本設計は、現行の「AIP方式」にも引き継がれています。
Episode-4:「AIP-Sシリーズ」リリース
PVD皮膜の普及とともに、生産設備としての堅牢性とメンテナンス性を兼ね備えた装置を求めるニーズが増加。そこで「デザインをシンプルにして、トラブルの発生を減らす」「パネル等で重要部品を覆わず、メンテナンス性を高める」という発想のもと「AIP-S」シリーズを開発しました。この開発コンセプトは、トラブル時のダウンタイムの削減にも大きく寄与し、 「AIP-S」シリーズは20年を超えるロングセラーへと成長しました。
UBMS受託コーティング事業を開始
2001年 AIP-Sシリーズ海外向け初号機納入
2003年 ロールコーター(スパッタ)初号機納入
外販装置台数200台を突破
2005年 日本金属学会技術開発賞受賞
2006年 外販装置台数300台を突破
2007年 高砂コーティングセンター設立
米国にKOBELCO Advanced Coating(America),Inc.設立
Episode-5:初の海外拠点を開設
2000年以降、装置の納入台数の増加にともない、日本以外からのお問い合わせも増加。そこで2007年、米国イリノイ州のシカゴ近郊に、高機能商品部の初の海外拠点となる「KOBELCO Advanced Coating (America),Inc.」を開設しました。
リーマンショックなど厳しい時期も経験しましたが、地道に営業活動をおこない、プロセスエンジニアも常駐させることで、販売力およびお客様対応力を強化。現在は、航空分野やエネルギー分野など多種多様な業界を対象に、装置販売はもちろんのこと、サンプル試験やアフターサポートまでワンストップでサービスを提供しています。
2009年 ドイツKCS Europe GmbHと業務提携契約締結
高砂コーティングセンターにてAIP受託コーティング事業開始
神戸市より産業功労者商工業功労者技術功労者部門で表彰
2010年 近畿地方発明表彰発明奨励賞受賞
外販装置台数400台を突破
2012年 ロールコーター(CVD)量産装置初号機納入
2013年 ドイツKCS Europe GmbH新工場完成
2014年 AIP-Gシリーズ初号機納入
外販装置台数500台を突破
2015年 新型エッチングシステムFAPE-S装備装置初号機納入
2017年 外販装置台数600台を突破
小型AIP装置AIPocket初号機納入
Episode-6:AIPocketの販売開始
人口増加による大量生産、大量消費の流れに拍車がかかる一方、地球環境への配慮が必要な時代、製品の長寿命化が求められ、AIPを中心にPVDコーティングのニーズは高まっています。PVDコーティング装置のリーディングカンパニーとして、より多くのお客様に表面処理技術を採用頂きたい思いで、AIPocketは開発されました。
AIPocketは小型ながら当社最先端の蒸発源、エッチング機構を兼ね備えており、汎用製品であるため、ある程度価格を抑える事が出来た装置となります。発売して数年ですが、幅広い業界の様々なニーズに応える事が出来、既に国内外問わず様々な目的で販売をさせて頂いております。

神戸製鋼所企業情報

会社名 株式会社神戸製鋼所
グループブランド KOBELCO
所在地 〒141-8688 東京都品川区北品川5-9-12 ONビル
創立 1905年
設立 1911年
資本金 2,509億円(2019年3月21日現在)
従業員 連結39,341人 単体11,401人 (2019年3月31日現在)
神戸製鋼所
page top